怖い話朱い塚-あかいつか-

富士五湖

投稿者:kcさん




これは怖い話になるのかどうか解りませんが、

普段は霊感の全く無い私が経験した不可解な話です。

今から8年程前の暑い夏の事です。

当時私は名古屋に住んでおり(現在は故郷の四国)、

仕事の休みに友人Y・Nの運転で富士山ドライブへ出掛けました。

富士五湖まで到着しキャンプや釣りの車を横目に見ながら

湖岸道路を流していました。

友人の車はエアコン故障で窓全開で『あち〜な〜』とか言いながらも

『え〜と、次はS湖の湖岸道路や!』

『ウエルカムS湖!』

とかシチュエーションはたいした事ないけど

ノリノリでドライブ自体を楽しんでいました。

ある短いトンネル(? 実際は1m〜2m位のゲートみたいな物でした)を通過した瞬間、

それまで汗ばんでいた私の全身に鳥肌が一瞬にして立ちました。

それは”総毛立つ”という表現がぴったりでした。

突然それまでうるさかった私が黙ってしまったので、

Y・Nは『KCどうしたん?』と聞いてきました。

私は鳥肌が立った腕を見せ、さっきのトンネルで

こうなった事を告げました。

なんか気味悪〜なと二人して言いましたが、

二人とも普段はその類には縁遠いので

しばらくしたら忘れてしまい、そのまま道なりに

湖岸道路を抜け名古屋へ無事帰り何事もありません。

なんかココのHPを読んでてなんか俺にもなかったけと

思い出したのがこの話です。


PS. 

私はお札の貼ってあった格安のアパートに

3年住みましたが何も起こりませんでした。(笑)


   



怖い話朱い塚-あかいつか-