怖い話朱い塚-あかいつか-

某トンネル

投稿者:ちちゅさん



そこは、今でこそ、「心霊スポット」といわれているようですが、

私がよく、遊びに行っていたころは、ただ単に、

山頂のにある、巨大な観音様と、

その下にある小さなホテルを結ぶ、

小さなトンネルにすぎませんでした。

そのトンネルは、内壁の半分だけ、

コンクリートに覆われているのに、

なぜか、残りの半分は岩盤が剥き出し状態のままで、

途中でコンクリートを塗るのをやめてしまった、

という、変な感じのトンネルでした。

「おかしなトンネルだ」って感じはしましたが、

あのトンネルが、心霊スポットとして、有名になるとは、

まさか思いもよりませんでした。

そのトンネルが心霊スポットとして有名になった、

きっかけなのではないか??という話を、投稿します。

(問題のトンネル近くに、住んでいた、おじから聞いた話です。)

そのトンネルの場所というのは、江戸時代、

死刑場があった場所から、あまり遠くないところで、

はっきり言って「へんぴ」なところです。

(死刑場跡地にある、学校では、幽霊のうわさが絶えず、

慰霊碑を建立したということです。

心霊関係の本でも取り上げられています。)

ある夜、そのトンネルを自家用車で通過した、学校の先生が、

トンネルの真ん中あたりに差し掛かったとき、

「どんっ!!」という音がしたので、急ブレーキをかけたら、

フロントガラスの向こうに、さかさまになった、

血まみれの人間が、張り付いていたというものでした。

その翌日から、その先生は、高熱のため、

学校をお休みされた、という話です。

近隣では大変な「うわさ」になり、以来、

そのトンネルは「心霊スポット」になったそうです。

10数年前、某TV(どの放送局か覚えていません。)でも、

そのトンネルを取材してます。

(実際、テレビで放送しているものを見ました。)

「お坊さんの霊がいる・・・・・」とか、

そこを霊視した霊能者の方が言っていたと思いました。

「トンネルの真ん中でクラクションを鳴らすと、でる・・・・。」

という、うわさも耳にしましたが・・・・・・。

本当に「出る」のかどうか・・・・、

出ても不思議はないと、思われるのですが・・・・。

本当にでるんでしょうか・・・・・??


   



怖い話朱い塚-あかいつか-