怖い話朱い塚-あかいつか-

すすり泣き

投稿者:あんた誰さん




はじめまして、あんた誰です。初投稿です。

これは、友達から聞いた話です。

ひとり旅の好きなM子さんは、夏休みを利用して、

北陸地方へ出かけました。

旅を始めて3日めの夕方、ある一軒の古い旅館に入りました。

その日の泊まり客は、M子さんひとりらしく、

すぐに2階の広い部屋に案内されました。

ひとふろ浴びた後、夕食をすませ、はやめにねたそうです。

しばらくすると、耳もとで誰かがささやいているような気がして、

目をさましました。

あたりを見まわしましたが、人のいる気配はありません。

しかし、泣き声だけが、押し入れから聞こえてきます。

すこし、こわくなったM子さんは、部屋の明かりをつけると、

押し入れの戸をさっと開けました。

オッ!っと言って目をみはりました。

押し入れの壁に、子供をだいた女性の影がうつっていて、

頭をふるわせながらないていたそうです。

M子さんは、すぐに部屋をかえてもらったそうです。


   

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト


怖い話朱い塚-あかいつか-