怖い話朱い塚-あかいつか-

柳幽霊

投稿者:はる☆さん




私がまだ幼稚園に通っていた頃のお話。

私の家の前には道路を挟んで大きな木が立っていた。

朝、幼稚園に行く時に家を出るといつもその木の下に

女性が立っているのが見えた。

「お母さん、あの人はいつも何やってるの?」

「え?どの人?」

私がその女性を指しても何故か母は気付かない。

少し不思議に思ったが幼い私はそれほど気にはしなかった。

雨の日も傘を差さずにその女性はいつもと変わらずそこにいた。

その女性は白い服を着ていて首が少し変な方向に曲がっていた…

というのだけ覚えている。

半年くらい経ってもその女性は何だ変わりなくそこにいた。

ある日の朝、家を出るとその女性は私の方をずっと見ていた。

私はぺこりと軽くお辞儀をした。

彼女もお辞儀を返してきた。

今思うとこの私の些細な行為がそもそもの過ちだったのかも知れない。

次の日の朝、家を出ると彼女はいつもの場所にいなかった。

半年間、来る日も来る日も変わらず木の下にいた彼女が

初めてその姿を見せなかった。

私は少し不思議に思った。

「明日はいるだろう。」

私はそう考えていた。

しかし次の日もそこに彼女の姿は無かった。

それから暫く経ったある日の事、一人で部屋で遊んでいると

後ろの方から物音がした。

振り返ると部屋の隅に彼女が立っていた。

彼女は軽くお辞儀をした。

私もぺこりとお辞儀を返した。

どこから入ってきたのかいつからそこにいたのか

不思議に思ったが幼い私はあまり気にしなかった。

暫く彼女はそこにいて遊ぶ私をじーっと見ていた。

少し恨めしそうな表情で私を見ていたのを覚えている。

母が部屋に入ってくると同時に彼女はいなくなった。

その後も私が遊んでいると彼女はしばしば部屋の隅に現れた。

「一緒に遊ぶ?」

私は彼女に声を掛けた事もあったが反応は返ってこなかった。

意識があるのか無いのか恨めしそうな表情で私を眺めているだけだった。

一ヶ月も経つと彼女はぴたりと姿を現さなくなった。

これが私が記憶する中で最も古い不思議なお話である。


ここからは後日談になるのだが…

あれから十年以上も経ったある日、ひょんな事から母とこの話になった。

母は幼い私が誰もいない木の下を指して

「あの人、何やってるの?」と言った台詞が

ずっと気になっていたらしい。

母に聞かされて初めて知ったのだが例の木は

どこからか移植されたものだったようだ。

移植された時はまだ私は生まれていなかったので

私が知るはずも無かった。

その木が移植された当時、私の家の近所ではある噂が流れていたらしい。

母は少し脅えながらもその噂の内容を私に語ってくれた。

とある場所で一人の女性が精神異常をきたし

マンションから飛び降り自殺をしたらしい。

その女性が落ちたところのすぐ側には大木がありその木は大量に流れた

彼女の血を吸ったらしく周囲の住民からは

女性の魂が宿った木として恐れられたらしい。

その後、その木の下で女性の幽霊を見かける人が増えた為に

近隣の住民は木の処分を市に要請したらしいのだ。

しかしどういう訳かその木は伐採はされずに移植という形で市は対応した。

移植された理由はどうも自殺した女性と移植先の土地、

つまり私が当時住んでいた家の前の土地と

何か深い関わりがあったかららしいのだ。

移植の指示を出したのは地元では有名なある霊媒師だったと言う。

母の話によると木が移植される三年前に家の前で幼い子供が

大型トラックに跳ねられる交通事故が起きたらしい。

跳ねられた子供は救急の余地も無く即死だったようだ。

その子供の母が自殺した女性と同一人物では無いかと

言う噂が当時、近所で広まっていたらしい。

全て同じ市内での出来事ならこれらの噂もあながち

嘘では無さそうだ。

噂が事実だとして何故、先に旅立った我が子を追って

あの世に行かず彼女の魂はこの世に留まったのか。

ここからは私の推測なのだが多分、間違っていないだろう。

本当はこの推測は間違っていて欲しいのだ…

しかしそれしか考えられない。

上手く言えないが彼女を見掛けた時の印象と言うのだろうか…

その時に彼女から強く感じていたものがあった。

「彼女は何かを探している。」

幼い頃の私はただ漠然とそう感じていたのだ。

もし私の推測が正しければ…この話は非常に悲しく恐ろしいものになる。

できればこんな事は想像したく無いのだが…

彼女が探していたもの…それは我が子の

身体の一部だったのではないだろうか。

だから彼女は死しても尚、この世に留まった。

実際に彼女を目撃した人間の一人として

私はそう推測せざる得ないのだ…。

幼い頃の私はそこまで推測する思考能力は無かった。

それは非常に幸いだったと言える。

もし推測する力が当時の私にあったならば彼女を見て

恐怖という感情しか生まれなかっただろう。

あの時、彼女は私を見て何を思ったのだろうか…。

私を我が子と重ねたのか…それとも妬みか…。

どちらにしても私にとって彼女の存在は

今となっては恐怖以外の何者でも無い。

もちろん彼女が深い悲しみを背負った

とても可愛そうな女性だと言うのは分かっている。

しかし私は彼女の事を思い出すと恐ろしくて恐ろしくて堪らないのだ。

私をじっと見つめていた恨めしそうな目…

不自然に折れ曲がった首…。

幼さ故に無知であった事を幸せに思う。


   

電話占いデスティニー

怖い話朱い塚-あかいつか-