怖い話朱い塚-あかいつか-

ターゲット

投稿者:GT-Rさん



数年前、北海道のある山に行ったときのことです。

デジカメで風景を撮っているうちに、

森の奥に入ってしまったらしく、道に迷ってしまいました。

コンパスや地形図とにらめっこしていたとき、

何かに見られているような気がしたのです。

(もしや熊さんか?)

おそるおそる、気配のした方を向くと、

私から20メートルほど離れた位置に一人の男が立っていました。

これ幸いと道を聞こうとしたとき、男の格好にピンときました。

赤色のベストと帽子。腰に巻かれた散弾の帯。

手にはポンプ式のショットガン。

まさにハンターの格好だったのです。

男は無表情のまま銃をこちらに向けました。

とっさに身をかがめたとき、轟音とともに

目の前の木の幹がはじけ、頭に降りかかりました。

ひたすら必死に斜面を駆け下りる私の後ろで、

ドン、ドンと銃声が響いています。

どこをどうやって、どのくらい走っていたでしょうか。

目の前が開け、炭焼き小屋にたどり着きました。

小屋の中に飛び込み、中にいた老人に助けを請うと、

「あんたも見たんかね・・・」と言われたのです。

なんでも、以前この山で、ハンターが突如気が触れたようになり、

同行していたハンターや猟犬を射殺した後、頭をぶち抜いて自殺したそうです。

「ちょうど今の時期じゃった。逃げ延びた者の話じゃと、

まるで熊を撃つように淡々と銃を撃ちよったそうじゃ・・・、

ま、あんたの見たもんが本物ちゅう可能性もあるでな、

そのあたり見てくるわい。」

そう言うと老マタギは、ライフルを担ぎ山に登っていきました・・・。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-