怖い話朱い塚-あかいつか-

廃墟のレジャーランド

投稿者:りきまるさん



あれは十年位前の体験です。

当時のアルバイト先の連中四人と、

真夜中に肝試しをしようということになり、

T県S市の営業停止したレジャーランドに真夜中に行ったのです。

施設までの道は県道から山道に入り、

両側が頭くらいの丈もある雑草の一本道。

建物前まで車をつけ、みんなで車を降りたのですが…

そのメンバーの中の一人が

「おい、急いで帰ろう!振り向かず、早く車に乗れ!後で話がある。」

というのです。

ただ事じゃない雰囲気を感じ取ったみんなはすぐさま車に乗り、

まもなく車を発車しました。

「おい、なんでいいところで帰らなきゃいけないんだよ」

と帰ると言い出したメンバーに他のメンバーが聞くと……

「みんなが車を降りた直後、建物のほうから

数え切れない程の人がゆっくり歩いて来るのが見えたんだ。

そいつらはみんな手を前に突き出して、

早く俺らを捕まえようとしているみたいだった。」

と言うのです。

みんなはそれを聞いて唖然としました。

その話を聞いたのは、その施設へと行く一本道から出た

点滅の信号付近でした。

その時、偶然か必然か、その点滅していた信号が突然切れたのです。

それは何かの警告だったのでしょうか?

十年たった今でも本当に忘れられない体験です。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-