怖い話朱い塚-あかいつか-

夏のトイレ

投稿者:さえさん




私のお爺さんは私が小学生の頃亡くなりました。

私のお爺さんは夏の暑い日はよく

玄関の前の廊下が涼しいのでそこに布団を敷いて寝てました

私が小学生の頃の話です。

自分の部屋を持ち間もない頃、

私は夏のある日の夜トイレに行きたくなって夜中起きました

私の家のトイレは階段を下りて廊下を渡り、

玄関の隣にありました

当時小学校低学年だった私は真夜中

階段を下りるだけでも怖かったのです

とりあえずトイレにまでいって、トイレに入って、

用が済んでドアから出ました

すると何か踏んだような感じがしたので、

下を見ると黒いものが広がっていました

寝ぼけてたのもあったんだろうと思いもう一度よく見ると

おじいさんでした



   



怖い話朱い塚-あかいつか-