怖い話朱い塚-あかいつか-

GW

投稿者:綾織さん



2003年のゴールデンウィークの出来事です。

ウチの家族(両親+私をふくむ子供3人)の5人と、

母方の母1人というメンバーで、

一泊二日の旅行に行きました。

車の中で、両親と祖母がこんな話をしていたのをよく覚えています。

「これでさぁ、誰か死んだって言ったらもう予定が

全部パァになっちゃうよね〜」

「ホントさぁ。」

そんな会話をするほど、私達はこの旅行を

楽しみにしていたんです。

行ったのが最初の二日間で、事はGW3日目に起こりました。

旅行から帰ってきた次の日、父は不気味な夢をみたそうです。

その夢の内容はこうでした。

父は、骨箱を持って火葬場に居たそうです。

横には母と、母方の祖母が居ました。

しかし、父方の祖父母と私達兄弟は

そこには居なかったそうです。

そこまで聞いた母は、それは子供か

父方の祖父母が死ぬという予知夢ではないかと推測しました。

しかし、父は「どうして俺が骨箱を持たなきゃならないんだ」と

少し怒っていたそうです。

自分の子供ならば、父が骨箱を持って怒る事はないでしょう。

ちなみに父は長男なので、

父方の祖父母というのもあり得ないんです。

そして極めつけは、地下へ続く長い階段でした。

その階段も火葬場の一部のようで、父は骨箱を持って

その階段を下りて行くのだそうです。

これを聞いた母はこう言いました。

「A市(私達の住んでいる町)には火葬場は一カ所しかないけど、

その火葬場に地下は無いよ。」

そんな風に、父と母が話していた時に、電話が鳴ったんです。

「P町に住んでるじいさんが死んだってさ!」

その人は母方の祖母のおじさん

(わたしの母方の曾婆ちゃんの姉弟)

で、私も色々お世話になった人でした。

後から葬式に火葬場まで行った母の話によると、

その火葬場には地下に続く長い階段があったそうです。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-