怖い話朱い塚-あかいつか-

お持ち帰り

投稿者:よしごんさん



葬式に参列することになりました。

私一人で参加したために、特に誰と話すこともなく

葬儀の後ろのほうでボ〜ッっとしていました。

ふと後ろの竹垣が気になりました。

その竹垣の前には何かがいるのが分かりました。

例えるなら透明になった時のプレデターという表現が

一番分かりやすいと思います。

こういうのを見るのは初めてではなかったので

「あー、何か居るな。」と思って、

することもなかった私はジロジロそのプレデターを見ていました。

それは男性であるというイメージがしました。

数日後午前4時ごろにマンションの1階から

誰かが階段を上って来くる足音が聞こえました。

私の住んでいる階の通路を歩き、私の部屋までやって来たのです。

そして玄関の鍵を開けて入って来ました。

そしてすり足で廊下を歩いている音が聞こえ、

部屋の引き戸を開けて閉める音が聞こえました。

私は布団を頭からかぶってどうすることもできないでいました。

すると、右肩が重くなり耳元でしわがれた爺の声で

「こんばんは。」といったのです。

そして居なくなりました。

私の右の耳にその声を聞いた感覚が残っていました。

それから数日間似たようなことがありました。

ちょうどその葬式に出たのが有名な霊能力者に会った後でもあり、

敏感になっていたので寺からお持ち帰りしたんだと思います。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-