怖い話朱い塚-あかいつか-

電話占いデスティニー

茶色いおじさん

投稿者:さけぴーさん




大学の頃、広島県の友達の家に泊まったときの話です。

六、七人で徹夜でおしゃべりするつもりで、

お酒を買い込んで集まったのですが、

その夜は私だけがなぜか、すごく疲れていて眠かったのです。

友達のベッドに腰掛けてしゃべっているうちに記憶がなくなり……

気がつくと、私はそのベッドに一人で寝かされていて、

明かりも消えていました。

夜明け前の四時頃でした。

家中がしんとしています。

他の友達は私に気をつかって、

別の部屋で騒いでから寝てしまったようです。

退屈だなーと思いながら、部屋を見回すと、

クローゼットの扉が半開きになっています。

気になったけれど、それを閉めるでもなく

ベッドでただじっとしていたとき、

いきなりそばの窓のカーテンが、ぴくぴくぴくっ、と動いたのです!

窓は閉まっています。

なのにカーテンだけが、誰かの指につまみ上げられるように、

ぴくぴく小刻みに動いているのです。

息が止まりそうになった私は、部屋中の明かりをつけて

布団をかぶり、ただ固まっていました。

友達を叩き起こしに行くのは、悪くてできなかったので。

翌朝になって、友達にその話をすると、

「ああ、やっぱり?あの部屋、よくあるんだよね」と

平気な顔で言います。

そして、「クローゼットの扉が半分開けてあるでしょう?

あれ、閉めとくと全身茶色いおじさんが開けて出てきて、

首を絞めに来るんだよね」と。

そんな部屋に泊めるな!


   



怖い話朱い塚-あかいつか-