怖い話朱い塚-あかいつか-

幼少時代

投稿者:イズナさん




私が幼少時代のことなんですが、夜中に空腹を覚え、

当時一緒に寝ていた父に「お腹がすいた」と言ったら

父は「海苔巻きを作るから暫くしたら台所にきなさい」

といって部屋から出て行きました。

そして、部屋を出て行くガラガラという音と

階段を降りて行くトントンと言う音がし、

下の台所で物音がしそれがやんだころに

台所に行ったところ、台所は真っ暗でした…。

私は「何で電気をつけてないの?」と

ガス台の前に立ている人影に話しかけながら、

電気をつけたところ誰もいませんでした…。

私は怖くなり階段を駆け上がり

両親が寝ている部屋に駆け込んだところ、

台所にいるはずの父が寝ていました。

次の日の朝、このことを父に尋ねると

知らないと言われました。

そして、暫くしてしった事なんですが、

私の実家の辺りは昔豪族の屋敷があり

そこで戦があったそうです。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-