怖い話朱い塚-あかいつか-

火葬場での怪奇

投稿者: 隆@警備員さん




沢山あるウチの一つの話です。

警備業を10年以上もやっていると色々と体験します。

深夜、多分0時は過ぎていたと思いますが

某火葬場に到着し巡回点検を行う為まずは

外観から点検をはじめました。

正面は人を入れる火葬の扉が並んでおり後ろには

火葬した粉骨を保管している部屋があります。

外観のそれぞれの扉や窓の確認を行い次に内部点検に移行。

事務所に入り警備解除を行い巡回を開始すると

釜の一つからコツ・・コツ・・と音がします。

ん?と不思議に思い釜の後ろ側の扉を開けると・・・・。

モワァ〜ンという感じで僕の顔かすめ天井へと

何色と表現が難しい光が登っていきました。

私的にリンが見えたんだと理由をつけて

巡回を継続していたらまた同じ釜の中から音が聞こえます。

ドンドンドン・・・

もう堪忍してくれ〜〜〜という思いで扉を開けると

音がピタッとやみました。

中には何もありません。

粉骨が少しあるだけです。

もう恐怖心が一杯になり我慢の限界を感じて

逃げるように火葬場を後にしました。

場所が場所だけに覚悟はしていましたが、

実際体験すると心底から怖いものです。

次の日、火葬場のおじさんに聞いたら昨日は

例の釜を使ったらしいという事を聞きました。

まさかその人の霊が残っていたというのでしょうか?

過去の遠い話でした。。。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-