怖い話朱い塚-あかいつか-

誰?

投稿者:amiさん



三年くらい前、教習所通いをしていた夏のこと。

教習所から帰ってきて、くたくたで眠い私は

実家にある二階の自分の部屋で寝てたんです。

すると、私を

「寝ないでよ〜遊ぼうよ〜」

と起こす人がいて。

だけどすごく眠かった私は「いや、ええって」

と断ると「わかった」っていなくなりました。

そして、一回目覚めた私は時計を見て

「5時か〜。夕飯まだだし、お母さんに手伝って

言われるし、もっぺん寝よ」

と再び寝たんですが、うつらうつらしてくると今度は

「アイス食べよ〜」

といい私の太ももあたりにぺたっと冷たいもんくっつけてきて。

びっくりして起きたらお兄ちゃんと弟が

「はい、お食べ」

ってアイスくれて。

でも、寝起きだし、さっき寝る前に食ったばっかりだから

「いらんき、ほっといて」

というと

「もういい、遊んであげない」

とかって隣の自分たちの部屋へいってしまいました。

それからまた「起きてよ、遊ぼうよ〜」

って聞こえてきて。

またあいつら・・・って思って寝てると、

「ね〜ね〜」って言ってるんです。

どうやらベランダから聞こえてくるようで窓を見てみると

坊主頭でランニングシャツを着た目の大きな男の子がいて。

一瞬、お兄ちゃん何ふざけてんだ?と思ってたら、

その子はベランダから私の部屋へ入ってきて、

寝てる私を揺するんです。

「ねえねえ、起きてよ。遊ぼうよ」

って言いながら。

お兄ちゃんうざいわ〜思って無視してると、

私の部屋から出て隣の部屋行ってどたどた歩き回ってて。

うっるさいなあ・・って思うんですけど、

ほっといたらまた私の部屋にきて

「ほら、もう行かなきゃなんないんだよ。

早く起きて、行こうよ」

って肩揺すりながら手を引っ張るんです。

だから「私眠いの、ほっといてよ」

と怒鳴り気味で起きたら、夕方で

さっきまで明るかったはずの空がもう真っ暗で。

あれ?って思って隣の部屋へ行くと誰もいない。

おかしいと思って、下の部屋へ行くとお兄ちゃんと

弟がそこでご飯食べながらビール飲んでて。

何気なくお兄ちゃんと弟に

「いつからここにいたん?さっきまで上にいたじゃん」

と言うと

「え?俺らお前にアイス持ってったら、いらん言われたし、

アイス溶けてまうから冷蔵庫に戻しにきて・・・

そっからずっとここおるけど?」

と返された。

そういや、今ってお盆じゃん。と思いましたけど、

なんとも言えないんですよ。

お兄ちゃんに背格好似てるし。

あれから何も不思議な体験はないんですけどね、

会ったこともない亡くなったはずの友人の親が夢に出てきて

「あのこは元気?」ってきかれたりするんです。

怖いという気持ちにはもちろんなるんですけど

「人間だったんだよね、前は」

って思うと、不思議でいっぱいです。

相手も自分も自覚してないだけなのかもしれませんけど。

   



怖い話朱い塚-あかいつか-