怖い話朱い塚-あかいつか-

友達の家にて

投稿者:けんぴさん



中学の時の話なのですが、、、

友人Hの家に泊まり泊まった時の出来事です。

その友達の家に泊まったんですが、

客間で寝て良いよと和室の部屋を用意してくれました。

でも、仏壇やらご先祖様の写真に囲まれた部屋で、

なんでこんな客間なんだ!?とちょっと怖かった。。。

しかも、私だけで1階で友人は二階の自分の部屋で

寝ちゃうし!家族もみんな二階で寝る始末・・・

「あ〜なんか怖い感じ」と思いながら寝ることに・・・

順調に寝れるかと思ったのですが・・・

寝付いてから数時間だろうか、

自分の視点からの夢を見ました。

そこは、墓地で、宙に浮くように流れる感じで

その墓地をさ迷う夢でした。

しばらくしてからその墓地から移動しました。

(自分の意志では移動していないので、

移動するがままの視点でした。)

移動するとその場所は、その友達の近所の景色だと

判りました。

その墓地は近所の霊園でした。

(私は行った事は無いけど、霊園があるのは知ってました。)

すると、その夢と思われる視点は、どんどんその泊まっている

友人の家を目指して移動してきました!

結構早い動きで!!

家に近づいて玄関をすり抜けて確実に私が

寝ている客間を探して家の中をしばらく移動していました。。。

ついに客間に着いて私が寝ている姿を自分で確認しました。

「あ〜!!やっぱりここに来るんだ!と思って

目を覚まさなきゃ!と自分に言い聞かせなきゃと

強く意識しました。」

次の瞬間にものすごい寝苦しさと寝汗に

現実の自分が起きあがり!!

すぐに周りと自分の姿を確認しました。

暗がりで目も慣れて無かったのですが。。。

布団に横になって

「夢だよね・・・」と思って寝返りを打つと・・・・

まさに!すごく近く!顔の真ん前に!

青白い顔の男性の顔が目の前にぃ〜!!

しかし、すぐに消えてしまいましたが、、、

霊感が無いと思っていたのでなんで

こんなの見るんだっ!?

ってその晩は寝付けなくなりました。

何かの暗示なのでしょうか?

とても不思議で怖い体験でした。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-