怖い話朱い塚-あかいつか-

老婆

投稿者:ゆりさん



随分前に実体験カキコした関口です。

前のは昔(もう20年も前)の話だったんで、

今回はつい最近のを。

実は今年2月に胆石で入院

(初めて外科手術しました(苦笑))してまして(^^;)

今からカキコするのは退院してすぐの事です。

私、柏市に住んでて同じ市内に住む母のとこへ顔出し

(色々世話になったんで)

して、まだ体調のすぐれなかった私は

母の部屋に寝かせて貰う事に。

母は妹の子供二人を面倒見てて保育園へ送りに行きました。

疲れてた私は速攻熟睡(をい)。

するとお馴染み金縛りに

(未だにあるとはいえなかなか馴れないですね、こればっかりは)。

しかも布団の下から無数の細い白い手が私を押さえつけていて。

右脇にまたもや老婆(前の二人とは別人です、

っていうかババーばっかに遭う

(まー若いにーちゃんに襲われそうになった事

(これはまた次回に)もあったけど)のは

昔おばあちゃん子だったからなのか?)が。

「可哀想にね、可哀想にね」と言いながら

股間を触りはじめました。

いや、こう書くと
「そりゃアンタ欲求不満だからじゃん?」

とか思われそうですが、いくら何でも嬉しくないでしょ!で、

「触んなボケ!エロババー!」と。

(相変わらず口悪くてすいません)とにかく、

しばらく抵抗していると母が左脇に座ったんで

「た、助けて〜〜!」

と言ったんですが何故か母はその老婆に

「どうもわざわざ」

みたいな事言いながら挨拶してるんで、

「あのな〜娘が苦しんでんのに何呑気に挨拶しとんじゃ!」

と叫んだら、フッと身体が楽になって…。

部屋見渡しても誰もいなくて。

呆然としてると母が帰ってきて

「あんた起きてたの?」と。

夢かと思ったけどあの触られてる感覚といい、

夢とはなんか思えないんですがね。

   



怖い話朱い塚-あかいつか-