怖い話朱い塚-あかいつか-

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト

最近の話

投稿者:メガバスさん



しばらく表の世界って言っても

ただのバス釣りに専念しておりました。

私のホームグランドは六甲山の東の外れの

甲山(かぶとやま)の麓の「五ヶ池」ってところでしたが

池を管理しているボート屋が廃業したので

水難事故が起こっては責任問題になるってことで

西宮市が釣り禁止にして池をフェンスで囲って

釣り人を締め出しました。

若かりし頃は「フェンスなんぞ へ!」ってやってましたが

年を取って今は青少年に社会のルールを

啓蒙する立場になりましたので、泣く泣く釣り場を

車で1時間の三田市の青野ダムにうつしました。

ここは以前夜釣りで怖い目をしたので

しばらく行きませんでしたが釣りの誘惑には勝てません。

明るいうちならオバケも出まいとたかをくくって出かけました。

場所は以前オバケがでた「御旅橋」は避け、

ダムサイドの橋を直進し右に曲がって少し行った通称

「ミニダム下」

朝の5時ごろ、連日の猛暑にも関わらずナゼか寒気がしました。

何回か投げてもあたりがなし、ふとダムサイドの

外れに良いポイントが見えた。

「ん・・でも・・いやだな・・」

そこはダムの直下の小さな窪みでした。

結局

行ってはいけない<つりたい

が勝ってしまい、藪の道を降りていきました。

水面が見えて1投目。。。糸がすう・・と走り 

バシ!

35CMのバスがかかりました。

携帯を出してカメラで取ろうとしましたが・・

誰かが見ています・・

やバイ・・左だ・・

そう・・っと左を見た。。

誰もいない・・

おかしい・・

まだ 見ている・・その先の草むらからだ・・

えい・・と・・その草むらに入った。

そこは水際で土が見えていた

そこのあったものは・・(続く)


   



怖い話朱い塚-あかいつか-