怖い話朱い塚-あかいつか-

お泊り

投稿者:マイさん



この話は私が小学3年生のときの話です。

私が夏休みに祖父母の家に泊まりに行きました。

そして、夜になり祖父に

『明日は早く起きるから、早めに寝なさい』と言われ、

早く布団に入りました。

しばらくして、寝苦しいと感じた時。

目を開けると、私の胸の辺りに首から下が無い

お下げの女の子が後ろを向いていました。

私は興味しんしんでずーっと見つめていると、

その視線に気づいたのか、こちらを振り返りました。

すると私の顔を見るや否や睨み付けて来たのです。

身体を動かそうとしても、全く身体が動きませんでした。

そしてその女の子が私に向かって突っ込んできたのです。

私はあまりの怖さに目をつぶっってしまいました。

それから怖くて怖くて5分くらい目を開けられませんでした。

目を開けると目の前にはなにもなくて辺りを見回すと、

天井の隅っこに大きい薄暗いのと、

小さい霊魂のようなものがありました。

また、それを見た後も身体が動きませんでした。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-