怖い話朱い塚-あかいつか-

逃げろ、死ぬぞ

投稿者:マコさん




先週の土曜日の話です。

試験前なのにもかかわらずAさん・Kさん・Sさんと4人で

某山に行きました。

そこは有名な心霊スポットで冬は当然誰も行きませんので

誰もいませんでした。

4人で夕方近い山を上っていました。

やがて夜になってきてそろそろやばいかなぁなんて

思っていてそろそろ帰ろうかと言う事になりました。

もと来た道を戻っていると後ろから足音が聞こえてきました。

山を運動靴みたいなもので降りている時の

あのリズミカルな感じでした。

ああ誰かいたんだ。物好きだなぁ。

などと 分のことをたなにあげて思っていると

おかしいことに気がつきました。

初めは

とん とん とん とん

と、スムーズだったのが

とん とん、、 とん、 ととん、とん とん とん

となっていたのです

おやころんだのかな大丈夫かな?と思ったので

振り返ろうとおもったときKさんが

「だめ 振り返っちゃだめ。」

と小声で言うのです。

僕の予感はあたりました。

その瞬間後ろからいやぁーな感じが漂ってきて

とん、 とん、 とん、 とんとんとんとんとんとん。

と 早足になってこちらへだんだん近づいてきました。

その瞬間僕とKさんは

「やばい 逃げろ。」

「早くしてじゃないと死ぬ。」

わけの分からないような顔をしている二人を引っ張って

暗い山道を 危険なほどのモーダッシュで

逃げ帰ってきました。

Kさんには男性だと分かったそうです。

彼女は僕より霊感があるそうです。

あれは いったいなんだったのでしょうか。


   



朱い塚-あかいつか-