怖い話朱い塚-あかいつか-

新年最初の怖い話

投稿者:GT−Rさん




去年の元旦、私はとある神社に初詣に行っていました。

時間は午前一時ごろ。

当然まだ誰もいません。

家でもう一眠りするか・・・と帰ろうとしたところ・・・。

わいわいがやがやと、人の話し声が何人分も聞こえてきたのです。

俺以外に酔狂なやつがいたのか・・・

という考えは直後にもろくも崩れ去りました。

声だけがするのです。

間近で聞いているのに、人の姿はどこにも見当たりません。

そのうちに声は私を取り囲み、だんだんボリュームを上げていきました。

何を言っているのかもわかりません。

会話をしているのは確かなのですが、

どうも日本語でも、はたまた外国語でもなさそうなのです。

声が重なり合い、ウォーンウォーンと響き渡り、

私は気が遠くなっていきました。

倒れた私を覗き込む何人もの「目」だけの人々を見ながら・・・。

神主さんに介抱されて我に返ったのは、夜が明けかかった頃でした。

一部始終を話し終えた時、神主さんは

「これで九人目か・・・いやね、あんたの他に八人、

八年前から一人ずつそんな体験をしてるんよ。

霊が出るなんていわれはないのにねえ。

やはり神や仏に関係あるところには集まりやすいのかねえ・・・。」


   



怖い話朱い塚-あかいつか-