怖い話朱い塚-あかいつか-

新聞配達

投稿者:そ〜げんさん



初めて投稿させて頂きます。

これから話す怖い話は私と同じ大分県U市に

住んでいる友人F君の話です。

F君は中学生の時に初めて霊を見るようになり

それから十数年間霊を見ているそうです。

そのF君が初めて体験した話をします。

F君は中学生の時、新聞配達をしていました。

ある日の2時頃、F君は違うエリアを配達している

T君とお互いのエリアを一緒に自転車で配達していたそうです。

T君のエリアが終了しF君のエリアの中盤に

差し掛かった頃、母校の小学校の裏庭を通ったそうです。

その裏庭は1年生の教室の裏で教室から

出ることができるガラス戸がありました。

そのガラス戸は下がアルミ?で上がガラスです。

そしてガラス戸のすぐ上にはもうひとつ窓があります。

二人はふと教室に目が行ったそうです。

すると教室にいる誰かと目があったそうです。

F君はまだ

「先生がこんな夜中まで仕事をしてるんだろ〜」

と思ったそうです。

しかし、その顔がある場所がガラス戸の上の窓だったそうです。

しかも、その下を見るとガラス戸には髪しか見えないのです。

そうです、体がなかったのです!!!

その瞬間、霊と目が合い自転車を

走らせているにも関わらず首がその方向から

目を離せなくなり体は金縛りになったそうです。

自転車は動いているのに首だけ霊の方に向いてしまう。

これ以上首が回らないと思った瞬間、

教室とF君たちの間に木があり、木で霊が隠れた瞬間に

目を離すことが出来たそうです。

目を離した瞬間に前を見ると竹で出来た

柵の尖った先端が目の前にあったそうです。

あのまま、金縛りが解けずに進んでいたら・・・

その後は大急ぎで新聞を配達し帰ったそうです。

新聞配達はその後も続けたそうですが・・・・

これがF君の初めての心霊体験だそうです。

   

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト


怖い話朱い塚-あかいつか-