怖い話朱い塚-あかいつか-

教室の窓側の席

投稿者:とむさん



私の学校の小教室には、席が一つ空いています。

なぜかその席には誰も座りません。

私は何も知らず先生への悪戯でその席に座ってみました。

五時間目・・・

英語のリスニング中。

英語が嫌いな私は、窓の外を見ていました。

すると、上から白いものが『サッ』っと落ちて来た

感じがしました。

その時は驚きましたが、余り気にしませんでした。

放課後・・・

部活でテニスのボールが飛んでいったので

とりにいった私は、ふと小教室を見上げました。

小教室から誰かがグラウンドを見ています。

すると、遠くを見ていた目が・・・

私を見た様な気がしました。

すると、こっちを見て笑ったんです。

次の日の放課後・・・

小教室のあの席に教科書を忘れていたことに

気が付きました。

気が乗りませんでしたが、明日は休みなので、

取りに行く事にしました。

教室のドアを開けると、あの席に

白い服を着た女の人が座っています。

私は怖さの余り声がでませんでした。

逃げようとしましたが足がすくんで動けません

女がこっちを見て大きく微笑んだのです。

私は、ここからの記憶がありません。

どうやって、家にかえったかもわかりません。

ただ怖い記憶だけが鮮明に残っています・・・

また、思いだせたら投稿します。


   

宝くじ購入代行サービス

怖い話朱い塚-あかいつか-