怖い話朱い塚-あかいつか-

夜の森で

投稿者:先生さん




さっそくですが、私は中学の先生で

中学2年生の林間学校に行き、夜の肝だめしにいきました。

いくときに、先生方は、先に生徒たちを待つために、

特定の場所でまっているんですが、

はっきりいって先生っていっても怖いんですよね(笑)

夜の森のなかを、一人でいるんですから。

おかしいんですよ、生徒が通る道なのに、

ぜんぜん生徒がこないんですよ

いくら、待ってもなんか見えない物がいて

私を隠しているみたいなんですよ。

私がこれは、おかしいと思い(おーいお〜い)なんて叫んでしまい。

それでも、私の声だけ響いていました。

森の中は、し〜んとして、なにも、聞こえません。

なんと、うれしいことに、生徒のライトの光が、みえました。

内心(よかった〜)なんて、思いました。

そこに、いったらなにも、いないんですよ。

誰も、いなくて森の中はし〜んとしていて、私に恐怖がきました。

それで、携帯で先生に電話しました。

そしたら先生が(えっもう終わったよ肝だめし)へ・・・???

それで、私は、キャンプ場にもどりました。

私は、思いました。あの光は、なんだったんでしょう。

いまでも、不思議です。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-