怖い話朱い塚-あかいつか-

渦巻き

投稿者:封華さん



小5のときの、林間学校のときの話です。

そこは、先輩の間でも有名な「出る」所でした。

班ごとに部屋に泊る事になっていて私の班は

怖いもの見たさで一番よく出る部屋に泊る事にしました。

その夜、班員の2人が熱を出してしまい、

埃でせきが止まらなくて辛い、というので窓を開けました。

私は、霊感があるというより、そういうものに敏感でした。

窓を開けた瞬間なんです。

「何かいっぱい入ってきた」

自分の体を通り抜けて。

驚いたのですぐに窓を閉めてしまいました。

近くにいた友達に聞くと、同じ事を言うんです!

とりあえず、消灯時間も過ぎたので布団にもぐりこみました。

しばらくして気持ちが悪く、眩暈がしてきて、

友達に断って保健室に行こうと思い目を開けると

たくさんのヒトが渦巻きのようにすごい速さで

私達の周りを回ってるんです!!

皆気がついているようでした。

数人が隣の部屋へ避難しました。

私は、そのヒトたちの間を通るのが怖くて

ずっと目を閉じていました。

結局一睡も出来ませんでした。

その場にいた全員がみたので、幻ではないと思います。

群馬のあるところです。

部屋は、つきのわぐまです。

本当に死ぬかと思いましたよ。

だって、皆血まみれで、首も取れちゃってたりするんだもん。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-