怖い話朱い塚-あかいつか-

修学旅行の日…

投稿者:麗。さん



これは、私が小学校6年生のころに体験した話です。

私が行った修学旅行の舞台は、広島・岡山でした。

1日目の昼は何事もなく終わり、

みんなはとてもはしゃいでいて、

部屋でお菓子を食べたり絵を描いたり

トランプをしたりしていました。

その日の夜、5〜6人だけでおきて話をしていると、

私たちが寝ているすぐそばにある窓から物音がします。

場所は、広島。

原爆が落ちた県です。

幽霊が出てもおかしくはないと思い、

その5〜6人のなかでいちばん勇気のある私が

障子を開けてみることにしました。

暗闇の中、目をこらしながら障子を開けると…

髪を振り乱し、血走り、腐った目で、

こちらをにらんでいる女の姿と、その女の後ろに立っている

ボロボロの服を着た兵隊さんが立っていました。

その女の人は、広島原爆資料館で見た、

蝋人形にそっくりでした。

よく見てみると、その立っていた女の人と兵隊さんは、

足がないのです。

手は焼け焦げて灰になり、2人とも顔が腐り落ち、

腐敗したにおいがしました。

私は怖くなり、窓を閉め、障子も閉めました。

そのさまを私と一緒に見ていたKちゃんは、

「…あの人たちも、今日原爆資料館で見た原爆に

やられたのかなあ…かわいそう…よかったら、

代わってあげたい…苦しかったと思う…」

といっていました。

翌日、そのことを先生に話すと、

「その女の人と兵隊さんにはあなたたちと

同じくらいの子供がいて、あなたたちを見たら

恋しくなったのかもしれないね…その人たちの分にも、

きちんと学んで帰ろうね…」

という先生の顔は、なぜか少し悲しげでした。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-