怖い話朱い塚-あかいつか-

父の友人

投稿者:こださん



もうかれこれ16年ほど前になります。

私がまだ小さかったころの話です。

私の父にはまだ親交の続いている中学と

高校の時の友達が何人かいます。

あるとき休日に家族(父、母、私、弟)で

昼食を食べている時にいきなり

私「お父さんの隣におじちゃんがいるよ」

と言ったそうです

(私はまだ小さかったため記憶がほとんどない)

もちろん家族以外は誰もいません。

父「家族の他は誰もおらんで?

この子は何をいっとるかいな?」

父と母は不思議に思ったみたいですが

小さい子の言っていることを否定してしまうと

あまりよくないと思ったみたいで

母「どんなおじちゃんがいたの?」

私「お父さんばっかり見とる。私のほう見てくれん」

(私のほうを見てくれなかったと言うことで

不機嫌だったらしい…)

父「みたことあるか?」

私「この前お話したよ〜」

その時電話が鳴りました。

それは父の高校の時からの友達だったらしく、

電話を切った父は呆然とした顔で私と母を見て

父「…Aがさっき病院で死んだ…」

父に高校からの友達数名と撮った写真を見せられ

私が指した人はAさんだったそうです。

もちろん私は名前なんて知りませんし、

Aさんが末期のガンで入院していたなんて

全く知りませんでした。

Aさんと父はとても仲がよく一番の親友だったと

大きくなってから母から聞きました。

Aさんは父に一番最初にお別れを言いにきたんだと

涙しました。

その後私はよく霊の姿を見るようになりました。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-