怖い話朱い塚-あかいつか-

「夢」の記憶

投稿者:慧音さん



幼い頃の私は冬になると毎年のように

風邪を引いては熱を出していました。

今でこそ「36℃ちょい」と人間並みの

体温を持つ私ですが、

……当時の私の平熱は35℃程度。

37℃を越えると、もう完全に頭ン中完全

「ハイホー状態(死語)」で吐きながら笑ってたりしました。

(危険だ…。)

その時の熱は完璧38℃を越えていたと思います。

私は当時の自宅で最も天井が高い部屋に

寝かせられていました。

そのガラス戸一つ向うでは実父が近所の病院に

電話をかけています。

起き上がる気力すらなく、呼吸も苦しく、何だか全身

(今思えば筋肉痛っぽく?)変に痛い。

更にコタツに突っ込まれた上、布団を2枚も被せられ

そこから出る事も許されない(高熱出してるんだから当然)

とあり、…ひたすら暑い。

そしてやたら耳障りな電話(と言うか実父)の声。

苦しい、煩い、……暑い!熱い!あつい!くるしい!うるさい!

不意に、音が消えて、身体が楽になりました。

そして心地好い浮遊感を感じたと同時に何故か

あの高い高い天井の板が、鼻先へ…。

「…おおおおお!?」

―――何か、楽しくないか、コレ!?

はっ!とした次の瞬間、再び私は布団に包まってました。

「…あれ?」

同時に不快な感覚も一気に戻って来やがりました。

「〜〜〜〜〜!」

コレをその後2回ばかり繰り返した覚えがあります。

……ええ、楽しかったです。とても。

その後、子供なりに何度かあの楽しい体験を

しようと試みたのですが 巧くいきませんでした。

最近思うのです。

この「夢」は世間で言う「臨死体験」とか「幽体離脱」とか

言われる現象に酷似していないか?と。

この「楽しい夢」。

ひょっとしてあの時、私は死に掛かっていたと

言う事なのでしょうか?

だとしたら……

ひょっとして、次にあの「夢」を見る時、

それは、私の寿命が尽きる瞬間なのかもしれません。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-