怖い話朱い塚-あかいつか-

戻って来た…?

投稿者:慧音さん



ある日、飼い猫が仔猫を産みました。

4匹の仔猫はそれぞれの毛色から安直に

「白黒息子」「黒息子」「白息子」「白娘」と名付けられ(笑)、

すくすくと成長していきました。

所でこの当時、実母は猫を呼ぶ際

「にゃんにゃんにゃんにゃんにゃん……!」

と妙に甲高い作り声で絶叫していました。

この声を聞くと、どの猫も(餌欲しさに)一斉に集まった物です。

その様子があまりにも可笑しかったのでいつしか

私たちも面白半分に実母の声真似をして猫を

呼ぶようになっていました。

その日も私はそうやって猫を呼びました。

いつものように、2匹の親猫と4匹の大猫化した仔猫が…。

「あれ?1匹…黒息子が居らん……?」

その瞬間。

背後…北の方角…

頭上の妙に蒼い夕焼け空の高みから、風が足元辺に

吹き降りた感じがしました。

いえ。実際、風は吹いていたのです。

何の変哲も無い、夕方の風が。

「…黒息子?」

それを、何でそう思ったのかは…今でも謎です。

それから数日後。

風を感じた方向にある田圃の中から

あれ以来ずっと戻って来なかった

黒息子の轢死体が見つかったので連れ帰って

背戸に埋めた、と家族から聞きました。

――戻って…来てくれていたのでしょうか?


   



怖い話朱い塚-あかいつか-