怖い話朱い塚-あかいつか-

2個イチ

投稿者:紅のプー太郎さん



中古車の販売修理をやってる知人と、

酒を飲みに行った際、聞いた話です。

懐かしのバブル景気全盛期の頃、

おもしろいように国産高級車がポンポン売れて、

たいした稼ぎも無さそうな若い方々も買ってたそうです。

ある時、とある悪徳修理屋が、追突事故で

後ろ半分が壊れたシーマと、単独事故で前半分が壊れた

シーマを、似たような年式なんで半分づつクッ付けて、

1台のシーマをデッチ上げ、他の販売店へ売りに出したんですよ。

すぐに売れる事は売れるんですけども、

長くても1年もしないうちに戻ってくるようになり、

調子が悪いと持って来られても、症状を聞いて整備しても、

暫くすると別な所が調子悪くなるんですね。

しまいには

「知らないうちに、若い男が乗ってる時があるけど何なの?」と

言われる始末で、細かい事情を知らない身としては

「はっ?」ですよね。

よくよく調べてみると、単独事故を起こした運転していた男が、

搬送先の病院で打ち所が悪く死んでたそうで、

たぶんその男が未練があったのか、

付いてたみたいですがね。

今までの経緯からしてイマ「おかしい」と思って、

ある程度、部品を外して見てみると、巧妙に接合した跡があり、

買った同業者に連絡して聞いても知らぬ存ぜぬでした。

修理屋の信頼にも関わるんで、お祓いをしたあと廃車にしたそうで、

こういう販売店や不動産屋は、今でもあるらしいですから、

気を付けた方がいいですよ。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-