怖い話朱い塚-あかいつか-

警告らしきモノ?

投稿者:紅のプー太郎さん



ある地方の無人島へ釣りに行く事になり、

その際の体験です。

運転手が俺で助手席にA、運転席の後ろ側がBで

助手席の後ろ側がCとゆう配置で、

夜明けと同時に釣りを始めたいから、

夜中に車で走ってました。

漁港の少し手前にダムがあり、湖面より少し高い

曲がりくねった峠道を走ってると、湖に突き出た感じのカーブの

少し手前に差し掛かり、急に背中が「ゾクッ!!」となったんですね。

カーブを曲がりきったら、いきなりCが

「ギャ−−ッ!!」と悲鳴をあげたから、

ブレーキを踏んで止まりかけたんですね。

そうしたら「ダメ!!・・・止まったらダメ!!・・・・早く逃げて!!・・・」と、

泣き叫ぶみたいに懇願され、慌てて逃げる様に

コンビニまで向かいました。

もうCは錯乱状態で手におえず、押さえつけておくのが精一杯で、

コンビニで救急車を呼んでもらって、

もう釣りどころじゃないんで帰りましたけどね。

Cが悲鳴をあげた時、ルームミラーを見たら、

白い布地みたいなのがスーと湖の方へ、移動するのが見えて、

悲鳴と同時に妙な気配を感じたBも、振り向いたら同じモノを見たそうです。

Cは?とゆうと、精神衰弱が激しく1ヶ月程面会謝絶でしたが、

後日、話を聞くと

「カーブを曲がりかけた時、おかっぱ頭の白い着物姿の女が、

湖面に立ってるのが見えて、カーブを抜けた辺りで

般若みたいな顔になり飛んできた!!」とゆうんですね。

渡船の親父さんに聞いた話では、3年程前に男性から

一方的に婚約破棄をされた女性が、ダムで自ら命を絶ったそうで、

詳しい事情は分かりませんが、半年前にCも婚約破棄をしてるんです。

俺とBが見たモノは、着物だったみたいですが、

同じ事をやったCに、何かしら言いたかったんでしょう。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-