怖い話朱い塚-あかいつか-

段ボール箱

投稿者:龍さん



いつも、俺が住んでるアパートの扉の前に、

段ボールが置いてある。中身はない。

なので、畳んで捨てる。

だけど、1週間経つと、気味が悪くなってきた。

次の日、仕事から帰ってくると、また、

段ボール箱が置いてあった。

「またかよ。」

とつぶやきながら、畳もうとすると、カサッって、音がした。

見てみると、丸められた新聞紙があり、

その中には、長い髪の束があった。

俺はすぐにそれをゴミ箱に突っ込んだ。

夜、寝ていると、

「あぁぁあぁあぁぁぁぁぁ」という声が聞こえてきた。

薄目をあけると、髪の長い女がいた。

女は、
「ああぁぁぁあぁぁぁぁあぁぁあぁぁぁ」と言いながら、

髪の毛をむしる。

怖くて固まっていた俺の横に女がいる。

女がおれの視線に気がつきゆっくりとこっちを向いて

「もらってよ、ねぇもらってよ」と言いながら、

髪の束をこっちに差し出してきた。

俺は、気絶した。

翌日、目を覚ますと、ゴミ箱に突っ込んだはずの

丸められた新聞紙が、俺の布団の横に転がっていた。

俺はすぐに飛び起き、近くの神社に行って、

お祓いをしてもらった。

神主さんによると、部屋にいる霊ではなく、

生霊だそうだ。

「誰だか知らないけど、強い念を感じる。」っといっていた。

あれからもう3年、生霊は出てきていない。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-