怖い話朱い塚-あかいつか-

雨

投稿者:下山さん



水のあるところに霊は、集まるとは

よく言ったものである。

僕の町にも、池や貯水池、川に田、海があり、

霊を見たって人もいる。

この話は、僕の友達が霊感を持ち、僕が不思議で

怖い体験をする話である。

小学生のころは、一歳年上の友達、

竜ちゃんと一緒に帰っていた。

仲もよかった。

そんなある日の下校時間に、

「雨が降ってきたねぇ。」

と僕が曇った空を見てつぶやいた。

「傘ないよ。学校から借りよう。」

と僕がそう言って傘を二本借りてきた。

今日もしゃべりながら歩く。

すると、竜ちゃんが「雨は、嫌いだ。」と言った。

「なんで?」と聞き返すと

「霊の動きが活発になるから。」と言う。

「霊って雨降るとそうなるん?」

「そうなる。」

「なんで?」

「分からんが、昔から水あるところに霊ありって聞いた。」

「ふ〜ん。」たわいもない会話だが、なんだか楽しかった。

竜ちゃんは霊感もちで、オカルトマニアだ。

だから、何でも知っているし、聞けば教えてくれる。

「あっ。」竜ちゃんがつぶやいた。

「どうしたの?」

「向こう。」

指差したところに目をやると、女がうなだれていた。

明らかに普通ではない。

静かだが、威圧を感じる。

ここに来るな的な感じの。

「違うルートに行こうぜ。」と竜ちゃんが言ったので、

「え?なんで?」

「いいから。」

と言って僕の手を引く。

意味が分からないまま僕は手を引かれながら、歩く。

すると、女のいたところから水があふれてきた。

と、同時に木が倒れてきた。

「女は、これを伝えたくて、威圧をしていたんだ。」

「ほかにやり方があったと思うけど。」

「不器用なんだろう。」

霊にも不器用はあるのかなぁと思っていたが、

今回も竜ちゃんのおかげで助かったと思っている。

でも、これは、始まりだ。

これからたくさんいろんなことが僕の周りで起きる。

それをこれからも書いていく。

   



怖い話朱い塚-あかいつか-