怖い話朱い塚-あかいつか-

元火薬工場跡地にて

投稿者:紅のプー太郎さん



地元に昭和13〜4年から、

太平洋戦争が終った昭和20年まで、

陸軍の火薬(弾薬?)工場があり、

2〜3回程空襲があったみたいで、少なくない方々が

犠牲になられてます。

それで、所々に遺構(いこう)が残っており、

1番大がかりなのが画像の変電所跡地で、

丘をくりぬいて作ってあります。

それで、以前勤めていたタクシー会社で、

跡地の近くにある待機場所で待機していました。

深夜までと夜勤の時など、主に酔っぱらいを乗せて、

元変電所前辺りを通ってましたが、

ときおりタクシーの前方を、黒い人型のモノが横切るんですね。

たまに乗せる客で、デカい口を叩いてる威勢がいい酔っぱらいが、

影が横切った途端、急に黙りこんだから、

何かしら見たんでしょう。

今は隣町のタクシー会社で働いており、

滅多に夜中には通りませんが、

以前よりは多少マシにはなったみたいですがね。

ただ、画像を見て場所が分かったとしても、

すぐそばに民家がありますし、国有地で立入禁止ですから、

中には入れません。

開口部分は厚めな板?で封鎖してあり、

心霊スポットでもないので、肝試し等で行かれても、

何も起こらないと思われます。

中学生の頃、板が壊れていた時があり、

中を覗いてみたら、中には何もなかったかわりに、

背中に虫酸が走って身震いした事があります。



追伸
他の遺構は封鎖してありませんが、ここだけ封鎖してあり、

変な見方をすれば何かしらあるんですかねぇ?。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-