怖い話朱い塚-あかいつか-

展望台にて

投稿者:紅のプー太郎さん



釣り仲間AとBとで、九州内の

大小様々な島がある地方へ、魚釣りに行った際の体験です。

夜中の運転は疲れやすいんで、

とある橋を渡った所にある展望所へ立ち寄って、

気分転換をする事にしたそうです。

駐車場へ入ると、こちらに背中を向けて女性が

海を眺めてたそうで、乗ってきたであろう車がないんですね。

まぁ〜半分下心丸出しで「何かあったんですか〜?

・・・・よかったら送って行きますよ!?」

と話しかけても、聞こえないのかダンマリなんですよ。

車を止めて、歩いて近くまで行って話しかけたら、

今度は聞こえたみたいで、

「こんな私でもい〜い?」と言いながら振り返ると、

街灯に照らし出された顔は完全に潰れてグチャグチャで、

所々骨が見えてたそうです。

いい歳こいたオヤジ2人が、悲鳴と共に

半分腰を抜かしそうになりながら、車に戻って逃げたそうで、

落ち着くまでコンビニの駐車場に居たそうです。

後日調べてみると、昔男女2人づつ乗った車が、

深夜のドライブで展望所の駐車場に立ち寄ったそうなんですね。

片方の女性が仮免まで取ってたそうで、練習がてら

駐車場内を走ってみる事になり、男女1人づつは降りて見てたそうです。

そのうち運転ミスをして暴走した挙げ句、フェンスを突き破って崖から落ちて、

警察と救急車を呼びましたが、あいにく運転していた女性が亡くなりました。

たぶん、その女性だろう?とゆう話で、ちょくちょく現れてたらしく、

地元の方々が地蔵様を設置したら、現れなくなったそうですがね。

それから約10年近く経ちますが、まだ少し未練があるのか?

気配は感じられますけども、成仏する日も近そうです。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-