怖い話朱い塚-あかいつか-

火葬場の話

投稿者:紅のプー太郎さん



1年くらい前、怪談好きな知人と酒を飲み交わしてると、

地元にある市立病院の話になり、なんでも

戦後間もなくの頃まで、火葬場を併設してたそうなんですね。

主に病院で亡くなられた方々を、火葬して葬ってたそうで、

希望があれば外部からも、受け入れてたみたいです。(土葬がメイン?)

病院に入院して、火葬場の夢を見ると死ぬ確率が高くなるとかで、

内心は「ホンマかいな
」でしたけどね。

その話を聞いて暫くした頃、言ってた本人が入院してしまい、

忙しさにかまけて、見舞いに行くのが先伸ばしになってました。

3ヶ月くらいして行ってみると、ゲッソリと痩せほそってて、

声も弱々しく張りがないんですね。

なんか様子がおかしいんで、しつこく理由を聞いてみると、

やっと話をしてくれました。

1週間くらいまえ、寝つかれないから散歩に出たら、

見馴れない建物があり、カギを掛けてなく中へ入ってみたら、

ゴ~ゴ~と何か燃えてる音が聞こえてました。

なんだろう?と思って、奥に進んでみると

トンネルみたいな形の扉が、5~6つあり、ちょうど棺桶が入るサイズでした。

一番奥から2つめが何か燃やしてるみたいで、

近づいて覗き窓から覗いてみたら、

本人がモガき苦しんでる姿に驚いて、逃げ帰ったそうで、

気がついたらベッドの上だったそうです。

翌日、建物があるかどうか?確認に行ったら、

まったく別な建物があったそうで、

それとなく古株の看護師に聞いてみたら、

だいぶ前に取り壊されたそうです。

「あんまり気にするな!」とは言っておきましたけど、

1ヶ月もしないうちに亡くなり、まさかとは思いますが・・・・

これって呼ばれたんですかねぇ?


   



怖い話朱い塚-あかいつか-