朱い塚-あかいつか-

中学肝試し

投稿者:Kさん




これは中学1年のときの体験です。

当時僕のいたグループでは肝試しがちょっとしたブームでした。

しかし移動手段がなくよく近場でそれらしいところに行ったものです。

ある日、隣町に引っ越した友人から幽霊が出るトンネルの噂を聞きました。

その場所は近かったので行くことになりました。

4人で行くことになっていたのですが、友達Yが自転車を盗まれ、

僕の自転車に一緒に乗ることになりました。

夕方でまだ明るいというのにトンネルの中は真っ暗で動物の死骸が散乱していました。

話に聞いた通り気味の悪いところです。

僕らは猛スピードで自転車を走らせ叫び声をあげながら一気にトンネルを通り抜けました。

しかしこれといって何も起こらな かったので家に帰ることにしました。

友達Yの家のそばまできたとき、

後ろに乗っているYが鼻歌を歌っていることに気がつきました。

う…うう…うん…

Yの家に着き皆でトンネルの話をして盛り上がってきたとき、

ふとさっきの鼻歌のことが気になりました。

僕「なあ、さっき何歌ってたの?」

Y「は?何も歌ってないけど」

友達T「ずっとお前らの後について走っていたけどYは何にも歌ってないよ」

友達M「思いすごしと思って言わなかったけどトンネルをでて帰るとき、

しばらくの間だったけど、何かきこえてた」

今思えばあれはお経だったように思います。

僕らはこの後肝試しを一切やめてしまいました。



   



朱い塚-あかいつか-