朱い塚-あかいつか-

目

投稿者:アヤ子さん



これは私の友達のお兄ちゃんが経験した話です。

ある夏の日の夕暮れ、 友達と肝試しをしに近くのお墓にいったそうです。

そのお墓のちかくに老夫婦がすんでいて、

その老夫婦は二人とも耳が聞こえなくて喋れないそうです。

そろそろ帰ろうかと思ったとき、

あのおじいちゃんが帰り道のところで何かしているのです。

何かと思いよく見てみると、

まわりの木や道路いっぱいに目をガーッとすごい勢いで描いていたそうです。

あまりの奇怪な光景にはやく立ち去ろうと 思って走り出したとき、

「おい、これみろよ」

とたくさんの目を指さしたそうです。

後ろに沢山の視線を感じながら逃げ帰ったそうです。

今もその沢山の目は消えずに残っているそうです。


   



朱い塚-あかいつか-