朱い塚-あかいつか-

僕の知らない女性

投稿者:contaさん




10年位前でしょうか。

僕には僕の知らない(今のところは)、

僕には見えない女性が行動を共にしていたようなんです。

知人、友人が目撃した幾つかの話のひとつなんですが

後輩Kが会社の寮の僕の部屋へ泊まりに来ました。

次の日は休みという事もあって遅 く まで呑んで狭い部屋で雑魚寝状態でした。

朝方目を覚ましたKは窓がわに頭をむけていた為

明るさで夜が明けたことを知ったそうです。

どのくらいねむったでしょう。

また目が覚めたKは部屋の中がさっきよりもっと明るい事に気が付きました。

太陽がかなりのぼったのだろうと思いよく見ると

頭の上の窓からの光が直接部屋に届いてるのに気づいたそうです。

「カーテンしめなかったっけ?」

そう思い窓を見ると女性が顔だけ出してのぞいていたそうです。

もちろんあとで僕も確かめましたが鍵はかかってました。

なおかつその窓はサッシ、 障子、カーテンの順に閉めてあり

それぞれの間は10センチもありません。

光が差していたという事は障子は開いていたということです。

そうです鍵のかかったサッシと障子の間にいたということです。

Kは2度と窓を見ることはできず部屋を見回し

直接光がさしていないことを確認して起 きて来ました。

後でKに聞くとその女性の顔は恨めしそうでもなんでもなく

「このひとだれだろう?」

というような表情でみつめていたそうです。



   



朱い塚-あかいつか-