朱い塚-あかいつか-

威圧感

投稿者:中日本さん




最近思い出した話です。

あるミステリースポットに行きました。その時の話です。

車は先輩Aが運転していて普段入らないようなところまで進み、止めました。

車を降りた我々は洞窟の入り口まで進みました。

先輩「ねえ、こないだ別の友達とここに来たとき、

なんか民謡みたいのが聞こえたっちゃん」

洞窟の付近まで来たときでした。

先輩Bが逃げ出しました。

先輩A「行こうぜ」

しかしこのとき私は洞窟からものすごい威圧感を感じていました。

自分「やめませんか?なんかすごい威圧感が・・」

先輩A「威圧感?」

自分「なんか・・すごい気持ち悪い」

結局、私が異常に怖がるし、懐中電灯もないので帰ろうということになりました。

車に戻り、先輩Bが笑われました。

エンジンがかかりさあ帰るか、という時でした。

先輩A「なんか・・聞こえん?」

先輩B「うそ?!」

先輩C「なんも聞こえんけど・・・」

友人「何か聞こえる?」

あぅぅぅえぇぇぇぇ(こんな感じ)

自分「あ! 今!」

声は洞窟のある山の中の方から聞こえてきました。(もちろん民家などないです)

先輩Aさんは車のエンジンを止めました。

あぅぅぅえぇぇぇぇ

先輩A「ね!これこれ!」

先輩C「は?何か聞こえるや?」

友人「鳥じゃない?」

先輩C「鳥、鳥」

結局鳥ということにして帰りました。

しかし・・自分にはどうしても鳥の鳴き声には聞こえませんでした。

先輩Aさんの言う通り、民謡・・というのが一番近いでしょう。

鳥があんな複雑な声で鳴くでしょうか・・・


   



朱い塚-あかいつか-