朱い塚-あかいつか-

トンネル

投稿者:むっちさん




小学校の先生から聞いた話です。

夜、その先生は帰宅途中に、あるトンネルを車で通っていました。

そのトンネルは昔からよく「でる」と言われていたトンネルなのですが、

車がトンネルの中頃まで来ると、前方の歩道に人が歩いているのが見えたそうです。

あまり人が通るようなトンネルではなかったので、不思議に思いよく見ると、

迷彩柄の服を着た、兵士ような男がひとり、歩いていたのです。

その時点で先生は

「あ〜出ちゃったなぁ・・・」

と、覚悟して通り過ぎることにしました。

通り過ぎざまにその兵士の顔を見ると、 目は無く、

かわりに細い線のようなものが引かれてあったそうです。

昔そのトンネルのまわりには対米用の大砲があり、

今もまだたくさんの防空濠が残っています。



   



朱い塚-あかいつか-