朱い塚-あかいつか-

戸板

投稿者:Aさん



この話は、私の母から聞いたものです。

人は亡くなってから49日が終わるまで、

その家の屋根裏に魂が残っているそうで、

それに関わるお話です。

母の友人の旦那さんが亡くなり、ちょくちょく夢をみたそうです。

48日目の午前12時すぎ、旦那さんが夢の中で

奥さんに話し掛けたんだそうです。

旦那さん:「おい!!」

奥さん :「・・・・」

旦那さん:「おい!!!」

奥さん :「何!?」

旦那さん:「迎えに来た。」

奥さん :「誰が?」

旦那さん:「迎えに来た。」

奥さん :「だから、誰が?」

繰り返し聞いても、「迎えに来た」の一天張りで、

私も「それって、奥さんを?」なんてありきたりに思っていました。

でも、違ったんです。

奥さんは、夢の中で、玄関が騒がしいと思い、向いました。

すると、誰かが立っていたそうです。

玄関を開けて見ると、そこには前の奥さんが、

もう一人の方と戸板をもって、

中へ入ろうとしました。慌てた奥さんは、

「帰って!!!」

と、押し合い・圧し合いをしている所で、目が覚めました。

気づくと、腕と足の付け根が痣(あざ)だらけだったそうです。

前の奥さんでも、迎えにこられると嫌なんですかね?



   



朱い塚-あかいつか-