朱い塚-あかいつか-

奈落への悲鳴

投稿者:新生児3世さん



今から10年ほど前になりますか。

その頃は温泉ブームのはしりの時期でしたかね〜、

よく友人と露天風呂巡りをしてました。

物好きなもんで、真冬に好きなバイクで阿蘇の

T温泉に向かったんです。

熊本からだから、当然赤橋を通るわけです。



当時は幽霊スポットの廃レストランもあって、

かなり、あそこを通るのは嫌なもんでした。

250ccのバイクで快適にドライブして来て、

赤橋にさしかかる2〜30mでした。

声を聞いたんです。

それは、まさに地の底に落ちて行く断末魔の声!

女の声だった。

ぎゃーーーーーーっ・・・・

普通の声ではないですよ、あれは!

ホント、バイクの耳元(走行中の、しかもフルフェイスごし)で聞こえ、

スーッと奈落に吸い込まれていく様に 消えて行ったんです。

一緒に走って来た友人が、橋を渡ってから、

1キロ位過ぎてから、バイクを減速しました。

「なんや〜、小便?」

と聞くと、 真顔で

「なんか、聞かんかったや、橋の手前で」

という答え。

「おまえも、聞いたとや〜〜」(自分だけと思ってた)

2人ともそこでゾ〜〜っと固まってしまった。

普通ではない、奈落への悲鳴。

まさに、それは落ちて行く死の悲鳴!

あそこでは、もう70人にも近い人が自殺されてるですよね・・・

思いだすと今でも切なくなるそんな悲鳴だった。



   



朱い塚-あかいつか-