朱い塚-あかいつか-

猫のお知らせ

投稿者:ひろこちゃんさん



田舎のおばあちゃんのお話です。

おばあちゃんは昔猫を飼っていました。

名前は忘れてしまいましたが、

それはとてもとても可愛がってたそうです。

何年も一緒にいた猫はおばあちゃんにとっては家族同然でした。

ある日突然その猫が急にいなくなってしまったんです。

何処探しても、いくら呼んでも、餌の時間でも帰ってこない。

おかしいなと思ったのですが、外でまだ遊んでるのかなと思い、

とりあえず待つ事にしました。

やはり、次の日もその次の日も帰ってこない。

猫は主人に死際を見せないってよく言いますよね。

おばあちゃんは、もしかしたら・・・と思ってたそうです。

猫がいなくなって1週間後くらいの夜、おばあちゃんが寝ようと思い、

布団に入ってしばらく猫の事を考えてました。

「どうしてるのかな・・・」

すると、みつめてる先に白いかたまりがホワァーと現れました。

ずっとみつめてるとなんだか猫の形にも見える。

それが、寝室の窓からス〜っと外へ出たそうです。

おばあちゃんは、それを追いかけてみる事にし、急いで玄関から外へ出ると、

普段使われてない倉庫にその白い塊がフッと入ったそうです。

おばあちゃんは倉庫のドアは開け中を見渡してみたら

そこで猫は横たわって死んでいました。

おばあちゃんはすごく悲しい思いで猫を抱き上げ、

次の日埋葬してあげたそうです。

猫はおばあちゃんがあまりにも心配してたので

自分の居場所を教えてあげたのでしょうか。

なんだか、その話を聞いた時

すごく悲しい気持ちになりました。



   



朱い塚-あかいつか-