朱い塚-あかいつか-

小さな頃

投稿者:◎たうくん◎さん



私の小さな頃のお話です。

私は幼稚園から小学生くらいにかけて

よくダレもいないのに声のようなものをよく聞いてました。

最初は外から聞こえる誰かの声だろうと思ってたのですが、

そうじゃないと発覚する事件がおきたのです。

ある日の夜、私はご飯を食べ終え、

一人でお風呂に入ってました。

真夏だったと思います。

お風呂で遊ぶのが大好きだった私はシャボン玉をしたり、

水鉄砲で遊んだりしてました。

そして、湯船に入って今度は水にもぐったりして遊んでました。

波をたてたり、グルグル回って流れるプールみたいにしたり。

そこで、一度私はザバーーッと全身お湯に入りました。

その時です。

「ひろこちゃぁーん、わたしもつれていって・・・・。」

私と同じ年くらいの女の子の声。

耳元でささやくように聞こえた。

ガバッ!と湯船から出た私は周りをキョロキョロ見渡し、

何もいないと分かった途端怖くなり急いでお風呂から出ました。

それからしばらくは一人でお風呂には入りませんでした。



それにしても、何で私の名前が分かったのでしょうか。

どこへつれいって欲しかったのでしょうか。

今でも不思議でしかたありません。

   



朱い塚-あかいつか-