朱い塚-あかいつか-

満員

投稿者:ひろこちゃんさん



友人Rちゃんから昔に聞いたお話です。

Rちゃんは私より8歳年上。

Rちゃんは大学生時代に演劇のサークルに入ってたそうです。

ある日先輩が 「小さな劇場だけど、借りて公演するよ。」といいました。

部員達はおおはりきりで、練習に励んだそうです。

リハーサルと照明合わせなどをしに、数日練習した後、

そこの劇場に行ったそうです。

着替えて、少し体をほぐしてから

「じゃぁー舞台の上で練習するかぁー。」

と先輩が言ったのはいいのですが、

舞台に上がると何人かの部員が具合を悪いと訴えたり、

何か気持ち悪いと言い出したそうです。

少し様子を見たのですが、大丈夫そうだという事で

少しだけ舞台の上でそれぞれ練習し、

その後本番通りにやる事になりました。

「緞帳(幕)下げてくださーーい。」

緞帳(どんちょう)がさがり、客席と舞台がさえぎられ開園のブザーが鳴る。

ブーーーーー。

緞帳が少しづつあがっていきました。

「!!!!!!!!!!!!」

舞台の上で待機してた部員さんの顔が真っ青なのでどうしたの!?

とみんな舞台にあがって仰天しました。

客席いっぱいに兵隊さんが突っ立てたそうです。

その後開演を中止にしたそうです。

一体そこは昔どんな場所だったのでしょうか。

彼らは戦時中に辛い思いをし楽しい事を見たくて、

劇を見に来たのではないのでしょうか・・・


   



朱い塚-あかいつか-