怖い話朱い塚-あかいつか-

橋の上の女

投稿者:いちごちゃんさん


私の父の話です。私がまだ高校生のときです。

ある夏の日、父が夜の11時ごろやっと仕事を終え、

帰宅しようと会社を出て車に乗り込みました。

父の会社から自宅まで、およそ車で20分くらい。

車を発進させ、ほんの数十メートルほど行ったあたりで、

前方に白い花柄のワンピースを着た女性が

歩いているのが見えました。

髪は長く、後姿しか見えませんでしたが、

若い女性であることはわかりました。

ただ不思議だったのは、こんな深夜に女性が一人で

どこに行ってるんだろう、ましてや真夏の夜です。

その付近には、民家も数件、倉庫が1〜2件、

あとは田んぼや林がある寂しいところです。

外灯なんてありません。

少し怖くなって父は急いでその女性を通り過ぎていきました。

家までの半分の道のりまで着た父は、近道をしようと、細い路地に入りました。

細い路地はやがて本線に突き当たり、三叉路に出ました。

左折をしようと、左右を確認 し、もう一度右を見たときです。

路地から出た右側には橋がかかっており、

その橋の真中あたりになんとさっきの女性が立っていたのです!

先程の場所から車で10分はかかる距離です。

よく目を凝らしてみると、その女性は、間違いなくさっきの女性です。

こちらを向いています。

怖くてたまらない父は急いで左折しました。

すると、車のエンジンルームから、

「ガラガラ!!」と奇妙な音がして止まってしまいました。

父はビビりまくりながら車を降り、

後ろを振り向かないようにしてボンネットを開け、

ライターで照らし中を見ると、さっきまでは何ともなかったのに、

ファンベルトが切れてしまっているではないですか!

周りは民家などありません。

一番近くの民家と言えば、女の立っていた

あの橋を渡らなければありません。

父は橋を渡る勇気などなく、 そこから5分ほど

歩いたところにある民家に助けを求めたのです。

結局、父が帰宅し たのは、午前1時を回っていました。

もう、12〜13年前の話なのですが、その道と、

その橋を渡らなければ、実家には帰れないため、

そこをとおるたびに、思い出し、大変怖い思いをしています



   



怖い話朱い塚-あかいつか-