怖い話朱い塚-あかいつか-

トンネルの話

投稿者:アゲハさん



わたしの父が実際に体験した話です。

長野県の、東筑摩郡本城村というところへ向かう山道に、

照明が1つもついていない古いトンネルがあります

(短くて、すぐ終わってしまいますが)

父は車のセールスの仕事をしています。

その日も、本条村にいるお客さんのところへ向かって車を走らせていました。

そのトンネルに入った時、前方になにやら白っぽいものが見えた気がしたそうです。



父はそういったものをほとんど信じない人なので、

まったく気にしないで無事に東筑摩郡本城村に着いたそうです。

すると、そのお客さんが言うのです。

「車の後ろに、葉っぱがいっぱいくっついてますよ。」

見ると確かに、濡れた葉っぱが無数に張り付いていたそうです。

その日は雨も降っていなかったし、梅雨でもなかったし、

ましてや風だってちっとも吹いていませんでした。

父はとっても不思議そうでした。

トンネルの中で見たものと関係はあるのでしょうか?


----------------------------------------

多分青木峠の明通トンネルのことではないかと思います。

僕が、大学の1年の頃、と言っても3年前のことですが、

そのトンネルの手前でカップルの焼身自殺がありました。

そして、一人が見つからなかったのです。

未だ行方不明ですが、当時そのトンネルの所に、

行方不明の人の顔写真とか、

燃えた車とかあってかなり怖かったです。

情報元:りゅうゆうゆう様


   



怖い話朱い塚-あかいつか-