怖い話朱い塚-あかいつか-

昔(下)

投稿者:蜜鮫ヨシテルさん




これは今でも不思議に思う体験です。

小学校1・2年の時の事。前に住んでいた家の後ろは山で、

自分の家の土地だったので土・日はよくそこで遊んでいました。

山といってもそれほど高くはなく、危険性も少なかったです。

頂上には僕の家を見守ってくれている山の神

(正式名称は知りません・・・)の祠があって、

僕は山に登るたびにその神様にお礼を言っていました。

そしてその日もお礼を言ってから山の木に登ったり、

探検などをして遊んでいました。

日が沈み始め、腹が減った僕は山を降りようと山の神様に

「ありがとうございました、これからもお願いします。」

と子供ながらに礼を言い、山を降りようとしたその瞬間!

足を滑らせ、そのまま転げ落ちていく!

しかもその先には高い崖!!

いつも母に「ここには近づいちゃダメよ。」

と忠告されていた崖に、僕の意思とは関係なく

どんどん近づいている!

「やばい!落ちるっ・・・!!」

目をつぶってあきらめかけたその時、

身体が宙に浮くような不思議な感覚・・・。

「・・・?」

目を開けると崖から離れた場所に・・・。

無傷で。

その時とっさに「山の神様が僕を助けてくれたんだ。」と確信しました。

僕は小学校3年で転校したので、今はあまり山の神様に会っていませんが

もし機会があったら、あらためてお礼をしたいと思います。




   



怖い話朱い塚-あかいつか-