怖い話朱い塚-あかいつか-

伝えたい・・・?

投稿者:エクセルフィッシュさん




私は茨城県・霞ヶ浦近辺に住んでいる釣り好きな高校生です。

今回、恐怖体験ではないのですが、不思議な体験をしました。

 ぽかぽかのイイ天気!こんな日は霞ヶ浦で釣りしたいなぁ…。

「でも部活だし…。」釣りがしたいけど時間がない。

そんないつもと変わらない日でした。

部活も終り、帰り道。

いつものように通学用の原付バイクで釣り禁止区域で

釣りをしている人がどれくらいいるか見に行きました。

(見に行くだけで注意する事はできませんが。)

今日はゴールデンウィーク真っ只中の5月4日!

釣り客も家族連れが目立ちます。

しかしそれだけに悲しい事があります。

何かというと『家族連れで釣り禁止区域で釣りをしている』という事です。

本来なら親が小さい子供に「ここはお魚さん達が

安心して卵を生めるようにみんなで守っているんだよ」

と教えてくれる場所だと思うのですが…。

そのときもちょっと悲しい気持ちに浸っているときでした。

前方に違反駐車している車に気付き、後方を確認し

進路を変えようとしたそのときです。

ミラーいっぱいに男の人の顔が…。


そのときは習慣的にまた前方に視線を向け直しましたが、

ハッと気付きスクーターを路肩に停車させました。

後ろを振り返ると誰もいません。

なぜか恐いと言う気持ちはさほどありませんでした。

その人の顔は中学生から高校生ぐらいの男の人で

色白で髪型は昔風で前髪がはねてました。

なぜか物悲しい表情をしていました。

まるで私と同じように、無邪気な子供達がゴミを霞ヶ浦に浮かべて

遊んでいる姿を笑いながら見ている親にたいする感情のようでした。

追記ですが、ミラーに映ったときの男の人は位置的に、

バイクと一緒に走っていないと映れない位置でした。

男の人の特徴追加

喪服ではないと思いますが…黒い服を着ていました。

ミラーに映ったときは、すぐ側で映っているはずなのですが、

少しピンぼけしたようにぼんやり映っていました。



   

電話占いデスティニー

怖い話朱い塚-あかいつか-