怖い話朱い塚-あかいつか-

旅館の怪

投稿者:裕之様の野望さん



友人がある旅館に宿泊したときの体験談です。

高校に入学したばかりの友人は合格祝いにと

家族そろってある旅館へ宿泊することにしたそうです。

旅館の近くには海があり、旅館の雰囲気もいいので

友人は大満足だったそうです。

旅館で夕食を済ませ、風呂に入って部屋でのんびりとし

しばらくテレビを見てくつろぎ、

そろそろ寝ようと部屋の明かりを消して床についたそうです。

旅館に泊まったのは真夏の熱い時期で

その日はいつにも増して寝苦しく何度も寝返りをうったそうです。

そのうち友人は足元のほうに人の視線を感じ

足元を見たそうなのですが誰もいません。

気のせいかと思いまた目を閉じたのですが

やはり視線を感じます。

また、足元の方を見てみました。

足元の方にはちょうど窓ガラスがあって

外の景色が見えるようになっています。

友人は窓ガラスに目を凝らしてみました。

するとボーっと白いモノが見えて

はじめはただボーっとして形をなさなかったものが次第に

長い髪の女性のように見えました。

そしてそれは友人に向かって”おいで おいで”と

手を振っていたそうです。

友人は怖くなって目をつぶり一晩を過ごしたそうです。

翌日、目を覚まして窓ガラスから外をのぞいてみると

旅館の近くに深い崖のようなものがあったそうです。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-