怖い話朱い塚-あかいつか-

姉妹

投稿者:逸匠冥帝さん




ある姉妹から聞いた話です。

ある夜、妹が寝ていると、外の方から何か物音がしてきます。

耳を澄ますと、誰かが歩いている足音がはっきりと聞こえてきました。

しかし、寝ている場所は家の2階、普段は足音が聞こえることはありません。

気味が悪くなって明かりをつけようとした途端、いきなり金縛り。

金縛り体験は何度かありましたが、

今までのよりはるかにきつい金縛りです。

そして背後に人の気配がしてきます。

目には見えませんが、男性のようです。

そのうち金縛りがだんだんきつくなり、息もできないようになってきました。

苦しさが極限に達したとき、いきなり誰かが耳元でささやいたのです。

「お姉さんはどこにいるのかな」

それは物静かな男性の声でした。

そしてその瞬間に金縛りは解け、あわてて電気をつけたのですが、

誰もいませんでした。

数日後、別の所に住んでいる姉が実家へ遊びに来ました。

妹はふと気になって、姉に先日の金縛り体験を話しました。

すると、姉がそれを受けるように語り出したのです。

姉は妹より霊感が強く、金縛りにもよく遭うのですが、

妹が金縛りにあった夜、強烈な金縛りにあっていました。

それは彼女も体験したことのないほど強く、長い金縛りでした。

しかも自分の布団のそばに黒い影のようなものが立っていました。

彼女は直感的にその影が男性であると感じ、身の危険を覚えたそうです。

結局、しばらく影は立っていたそうですが、いつの間にか消えており、

金縛りもそれと同時に解けていました。

二人が体験した金縛りの原因は、どうやら

同一のもののせいだろうということになりましたが、

一体どこの誰かはわからずじまいで、その後も現れていないということです。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-